ロゴ

忙しい人でも受診できる!【夜間診療クリニック】

脳梗塞ってどんな病気?【発症の原因について理解しよう】

脳梗塞にかかってしまたった人は、長い期間の治療が必要になる場合が多くなります。リハビリに通う必要もあり、その方法もいろいろと考えることが出来るようになっています。

体調の悪さを放置しない【夜間診療クリニックで早めに治療を受ける】

女医

近年、仕事や育児、家事で忙しく過ごしている人が増えています。その為、自身の健康管理が出来ていない人が多いように感じます。コンビニやファストフードで簡単に食事を済ませたり、睡眠時間や運動する時間が少なかったりする人がほとんどです。しかし、この様な生活をしていれば、生活習慣病を発症するリスクが高まります。生活習慣病と一言で言っても、高血圧、糖尿病、心疾患など様々なものがあります。これらのリスクを減らす為にも、普段から規則正しい生活を送るようにしましょう。また、体調が悪いと感じたら早めにクリニックを受診するべきです。最近では、夜間診療を行なっているクリニックも増えています。仕事帰りなどに寄れるので、住んでいる地域にある夜間診療をしているクリニックを探しておきましょう。ただの風邪と思っていても、症状が進行していくことで肺炎などを発症することもあるのです。また、ただのむくみと思っていたら下肢静脈瘤の可能性もあるので、自身の体調には気を配るようにしましょう。

Review

健康食

知っておきたい!糖尿病の食事【知っておくことで予防が出来る!】

糖尿病は食生活が原因となる場合があるので、糖尿病の食事に関してしっかりと調べるようにすることが大切です。そして40代の女性はカロリー計算をすることで、50代の男性は食べてはいけないものを調べることで、この病気の予防を行っています。

脚

このむくみは下肢静脈瘤かも?初期症状について学ぼう

下肢静脈瘤は血管が浮き出たり瘤のようにデコボコしたりする症状で、皮膚炎やだるさ、見た目が気になる以外の時は治療をする必要はありません。初期症状としては、かゆみやだるさ、むくみなどがあるので、小さな兆候を見逃さないようにしましょう。

男医

下肢静脈瘤の治療法について【クリニックの治療を受けよう】

下肢静脈瘤は症状が軽度の場合、弾性ストッキングの着用といった保存的療法で済むケースも少なくありません。また、フォーム硬化療法といって硬化剤を空気と混ぜ、静脈を固める治療も主流となっています。施術時間が短く、日帰りできるのが魅力の治療です。

看護師と患者

意外に受診患者が多い!【夜間診療を利用している人の声】

浦安の夜間診療の魅力は、昼間同様に診察に内科医や外科医が携わってくれる点です。また、急に体調が崩れた場合にも、応急処置に徹してくれるので、症状の悪化が少ない魅力もあります。

試験管

免疫沈降を利用した研究について【口コミをチェックしよう】

免疫沈降実験では、素材や磁性ビーズの質が影響します。素材で悩んでいる人はDynabeads製品を使ってみましょう。磁性ビーズは、コーティングの質を重視し、バックグラウンドが低くなることを意識します。