ロゴ
HOME>Column>脳梗塞ってどんな病気?【発症の原因について理解しよう】

脳梗塞ってどんな病気?【発症の原因について理解しよう】

レントゲン

脳梗塞の発症原因

脳梗塞とは、脳動脈の動脈硬化によって起きている個所に血栓などが詰まることで血流が途絶えてしま病気です。血液が流れなくなることで、脳の先まで血液が行くかなくなり、脳細胞が壊死してしまうのです。この病気によっておこる症状には、片マヒとか言語障害などがあります。脳梗塞には、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症があるのです。ラクナ梗塞は、脳の細い血管が詰まって起こるもので、小梗塞とも言われ日本人に多く見られるものとなっています。アテローム血栓性脳梗塞は、脳にある太い血管が詰まるもので、中梗塞とも呼ばれます。動脈硬化によって狭くなった血管に血栓が出来る症状です。心原性脳塞栓症も、脳にある太い血管が詰まったもので、大梗塞と呼ばれています。心臓に出来た血栓が能まで運ばれることで、発症するものです。この場合、心房細動が原因と言われる症状になります。治療方法もいろいろあるため、早期に見つけることが大事なことになります。高血圧や不整脈で悩む人には、キチンとした診断を受けておくことが、良い方法になります。

ハート

脳梗塞の治療方法について

脳梗塞を発症してしまった時には、急性期病院において治療が行われることになります。一早く、症状を安定させることが必要になり、病院内においてしっかり管理されることになります。現在の治療方法として、早めのリハビリが推奨されるようになっているのです。そのため安定したとみなされた時には、リハビリが開始されることになります。発症後、1ヵ月から2ヵ月経った頃には、リハビリテーション系の病院へ移されることになり、専門の治療を受けることになるのです。しかしこの病院での入院期間は、最大で150日となっており、日にちが経つちと退院を余儀なくされることになってしまいます。この時、記憶障害や認知機能に障害がある時には、180日まで猶予されることになります。病棟を退院した後は、継続的にリハビリを受けることが可能になっており、様々な方法で治療に当たることが出来るようになっています。