ロゴ
HOME>Review>免疫沈降を利用した研究について【口コミをチェックしよう】

免疫沈降を利用した研究について【口コミをチェックしよう】

試験管

免疫沈降は様々な検査で用いられています。この免疫沈降法の実験をするには、質の高い製品を使用す事が重要です。今回は、実際に実験を行なっている人の声を集めてみました。製品選びの参考にしましょう。

クチコミ

Dynabeads製品がおすすめ!

細胞の免疫沈降実験では、必要な物が多く揃えるのが手間なんですよね。素材の質が悪いと失敗するリスクもあり、ある程度の厳選が必要でもあります。これから実験なのであれば、Dynabeadsの製品を使うのがおすすめです。あの商品は質がいいほか利用用途も多いんです。免疫沈降以外にも使えるので、いろいろ実験するなら買っておくと便利ですよ。販売企業のページには簡単な方法説明もあるので、それを読めば初心者でも実験が可能です。初めてで勝手が分からない人にも優しいわけですね。フリーサンプルの申し込みもできるので、一度使って具合を確かめるといいのではないでしょうか。最適な素材の基準が分かると、以降の実験が楽になりますよ。
(50代/男性)

再現率の高い磁性ビーズの利用がいい

免疫沈降の方法の一つに磁性ビーズによる分離があるのですが、あれはビーズの質によっては失敗の可能性が高くなります。磁性分離を行うなら、まずは堅実な実験の目処を立てるべきですね。ビーズに必要な要素は成分の抽出ができることなので、バックグラウンドが低くなることを重視したほうがいいです。磁性ビーズのコーティングの質はバックグラウンドに影響するので、失敗が多いならこれを見直してはどうでしょうか。コーティングがしっかりしていれば、扱いやすいこともあって実験が楽になると思います。なので、使う磁性ビーズはコーティングのよさが見込める物がいいです。心当たりがないなら、専門の通販サイトなどで探すと、いい物が見つかるかもしれません。
(60代/女性)